ホリデイ・トレッキング・クラブ
おすすめスポット

麻酔をしないから体に負担が無い??

人間の私でも、歯医者さんで動かないのは大変です。

⇑日本小動物歯科研修会・アメリカ獣医歯科学会HPリンクしています⇑
 
インターネットで無麻酔の歯石除去の時間を調べると、
大体2時間前後~3時間くらい必要と載っています。
多くの動物病院の先生達が「危険ですよーー」と、
HPまたはBLOG等で情報を発信していますが、
優しい飼い主様達の気持ちに「麻酔をしないから体に負担が無い」という
甘い言葉が、冷静な判断をする邪魔をしてしまうのかもしれません。
 
お客様のワンちゃんの中にも体を痛めてしまった子がいます。
 
どうしても歯石を取り除く必要に迫られたら
麻酔で眠っている間にお願いしたいです。
でもきっと、その状態の頃には歯肉炎を起こしている時だと思いますので、
先ずは炎症を治めてから・・・。と、想像すると、
どう考えても獣医さんと今後を考えなければいけなくなります。
 
一番疎かにしてはいけないのは、
掛かりつけのお医者さんとのコミュニケーションかもしれませんね。
犬種による口の形は勿論ですが、鼻の形・口腔内の皮膚の状態・
咬み合わせ・年齢や病歴・その時に歯石除去が必要なのかどうか等、
今の時期でしたら毎月フィラリアの予防薬をただきに先生と会いに行ったり、
ドッグフードやサプリメント・歯ブラシ等を
まとめて買わずに、たまに獣医さんに会えるようにしておいて
相談をしやすい環境を整える事が大事なのかもしれません。
獣医さんにも我が子を守るチームに参加してもらえれば心強いです。
 
⇑日本小動物歯科研修会・アメリカ獣医歯科学会HPリンクしています⇑
 
「犬無麻酔の歯石除去」で、ぜひ検索して見てください。
目の前の大切な子が2時間も3時間も「動かない」を
求められる事を想像すると・・・怖いです。
 

 

 
menu

改めてページを作成します。
今はBLOGでの紹介となります。